【満席御礼】
募集を締め切りました

永続企業経営実践講座

日本には約413万社もの企業があります。しかし、そのうち約7割が赤字、毎年10,000社から15,000社の会社が倒産しています。また、業績は好調でも後継者がおらず、泣く泣く廃業したり、会社を他人に売り払う企業も存在します。実際、今や事業継承の問題は、日本の中小企業の1番の悩みとなっています。

冒頭のリストは経営者の悩みのトップ5です。一方で、順調に業績を上げ、毎年増収増益を続け、事業を拡大している企業があることも事実です。

では、なぜこのような違いが生まれるのでしょうか?

その秘密は“人”なのです。

想像してください。

・社員一人一人が経営者の意識を持ち、売上やコストに対して真剣に考えるようになったら…
・社員が言われたことだけをする“作業”ではなく、自ら考えて自発的に動く“仕事”をするようになったら…
・後輩を率先して指導し、優秀な人材を育成してくれたら…

全く違う未来が開けているとは思いませんか?

人が育っていないから業績が伸びず、資金繰りに困窮する。逆に言えば人が育っているからこそ、業績が上がってお金もついてくる。 しかし、先立つものがなければ、人材教育に時間もお金も割くことができませんし、教育しなければ人は育ちません。

かつて“経営の神様とまで言われた”実業家、松下幸之助氏はこう言っています。『事業は人なり』と。 「人使いの名人」とも呼ばれた松下幸之助氏は、企業を発展させるのは技術でも製品でもなく、人であることと説いています。

では、それを実現するために大切なこととは何でしょうか。

それはリーダーの『あり方』です。
端的な『やり方』を学んでも、そこにふさわしい『あり方』がなければ、いくら良い取り組みを真似したとしても、徒労に終わります。

ある事例を紹介しましょう。

徹底的に社員満足度を高めることによって、顧客満足度を高めることに成功し、毎年右肩上がりの業績を上げ、全国各地から視察に来るような企業に成長した会社があります。その会社では、毎年社員の誕生日に社長自らが筆を取り、誕生日の手紙を書いているそうです。

その話を聞いて同じことを実践した会社の経営者がいるのですが、結果、ますます社員に嫌われることになりました。「押し付けがましい」と。

この事例からわかることは、誕生日の手紙を書くことが重要ではなく、そもそもこの経営者と社員の関係性が悪かったことにあります。
この場合、まず社員と経営者の関係を改善しなければ、いくら付け焼き刃で手紙を書けば、「どこかから聞いてきたことをやって、ご機嫌伺いをしているだけでしょ」と、反感を買うだけです。なぜならこの経営者の『あり方』を、普段の言動から社員は見抜いているわけです。

この事例に限らず表面上取り繕っても、本質を見極め対処しない限り、何度でも同じような問題に見舞われます。
すべての経営課題を解決するには、リーダーにとって大切な本質を学び、『あり方』を変えることが必要です。それには内発的な気付きが不可欠です。

人は言われても言った通りに動きません。それは社員を見ればわかることです。
「もっと自発的に仕事をしろ!」
「モチベーション高く仕事に取り組め!」
「売上を上がるようなことを考えろ!」
そう言って、そのようにすぐにできた社員は果たして何人いますか?

まず、リーダー自身の内発的な気付きがあり、また同じように社員にとっても内発的気付きを促す、環境整備をすることがリーダーの役割なのです。そこで初めて人は育っていきます。

この講座では、大切な『あり方』を学べる座学を、素晴らしい企業の事例を元に解説していきます。ただ、様々な研究結果から明らかになっているように、ただ聞くだけでは学びは深まりません。
次に受講生それぞれが話すというアウトプットすることで、自社の事例だけに留まらず、他社の事例を聞くこと、また、話すのは思考の整理が必要となるので、より体系的に深く学びを落とし込めます。
また、実際に素晴らしい企業を視察することによって、現場に行かないと絶対にわからない空気感を感じ取っていただくこと、なかなか聞く機会のない、そこで働く従業員の声も聞くことができます。

今回、メイン講師を務める大久保寛司氏は、守秘義務からここでは書けないですが、日本の名だたる企業経営者にメンターとして慕われています。なぜなら、リーダーに大切な『あり方』と、内発的な気付きを促すプロフェッショナルだからです。
大久保寛司氏の講話は、小学4年生のファンがいるほど、わかり易い言葉をあえて使っています。大切な本質や『あり方』は、とてもシンプルなものだからです。
大久保寛司氏は言います。「リーダーのあり方が変われば、不思議と売上はついてくる」と。

あなたもホンモノから学んでみませんか?

経営者、経営幹部 管理職 チームリーダー
人事担当者 コンサルタントなどの、組織指導者

講座受講特典

リーダーや経営者にとっての『あり方』を学べます
業績や事業拡大のヒントを習得できます
人財育成のキモがわかります
素晴らしい企業の事例がわかります
経営課題の解決
仲間との出会いによって、新たなビジネスの創造
ビジネスパートナーと出会えるチャンス

【満席御礼】募集を締め切りました

寛司さんとの出会いは10数年前、私が前職の飲食業で管理職をしていた頃です。人の何倍も働き、正論で部下をやり込める、熱血マネージャーでした。当時の私は、鬱陶しい嫌な上司でした。
寛司さんの教えは当時の私にとっても、大きな衝撃を与えました。「どうして一生懸命指導しているのに、部下は私の言うことを聞いてくれないんだろう」そう悩む私を、導いてくださったのです。
それから現在の仕事をするようになり、心から尊敬し、雲の上の存在だった寛司さんと連続講座を開講することが叶いました。
人は忘れる生き物です。一日で終る講演会では、一週間後には日常の生活に追われて、学習効果も薄まってしまいます。6ヶ月の連続講座の中で、繰り返し学ぶことによって、深く定着し、確実に成長と変化に繋がっていきます。
寛司さんの仰る言葉はとてもシンプルで、繰り返しいろいろな角度から伝えてくださるので、大切なことに気付かせてくれます。
初めてご参加いただく方にとっても、また、どこかで寛司さんのお話を伺った方にとっても、貴重な機会となることは間違いありません。 ぜひ大切な方とご一緒に、ご参加ください。講座でお会い出来るのを楽しみにしています。

stories株式会社 代表取締役
竹口晋平さん

私は、自営業の家に生まれ、お金があれば幸せになれると教えられ育ち、会社を作りました。お金は掴みましたが、虚しさしかありませんでした。そんな折、寛司さんに出会い、本当の会社とは何か?と深く考える機会を頂きました。経営の秘訣は強さだけでなく、優しさや暖かさも大いに必要であると痛感し、実行した所素晴らしい人生になりました。感謝しても仕切れません。

株式会社フォー・ツリーズ 代表取締役
石原剛さん

連続講座では毎回聞くというより、考える・学ぶということがとても多く、今、自分が抱えている問題に対する考え方をとてもシンプルにしてくれました。また、連続して受講をすることで、思考・行動の軌道修正や確認ができるので、ずぼらな私にとっては自分を律することができ、助かりました。

株式会社コンサルティングZERO 代表取締役
松本和義さん

大久保先生の講座が終ると「心が掃除される」感覚になりました。「本質とは何か」にいつも立ち返らせていただけます。大久保先生ほど、本質を洞察し、真剣に考え抜き、シンプルに伝えられる人はいないのではないでしょうか。私は自分がやっている事が間違っていない!と背中を教えて戴いたようでした。大久保先生のように愛情深い経営者になりたいと自然と思いました。

【満席御礼】募集を締め切りました

講座内容

会場

【講座】 東京メトロ「茅場町」駅近くにて開催
【視察ツアー】 各企業

企業視察ツアー6月

愛と感動の美容室BAGZY

経営を取り巻く環境は、人口減少による業績の伸び悩みや、若手労働者の不足などにより、年々厳しさを増しています。 その厳しさを生き抜く、ひとつのキーワードが「定着」。 市場が縮小に向かう今、いかにお客様に選ばれリピーターになっていただくか。 また、いかに人材を人財に育成するかが繁栄の鍵です 市場競争が激化する中で、お客様の来店が途絶えない美容室BAGZY。 離職率、成長率、リピート率、紹介率など、美容業界では驚異的な数字を誇っている同社が、どのような取り組みをしているか。 人が育つ組織風土創りの秘密をご覧いただきます。

企業視察ツアー9月

クレームは宝、四国管財

ビルの清掃管理を請け負うビルメンテナンス業として、四国No.1の売上を誇る四国管財。 報連相によって迅速で誠実なクレーム対応に、高い顧客満足度の秘密があります。 新規営業活動を一切行わずに、口コミと紹介だけで事業拡大を果たし、障害者雇用など社会貢献活動にも取り組む同社。 迅速なクレーム対応は、どのように行われているかご覧いただきます。

顧客満足度No.1ネッツトヨタ南国

全国のトヨタ販売会社(約300社)の中で、調査開始以来、顧客満足度トップの座を1度も譲ったことがないネッツトヨタ南国。 新車の発表会には社員が自ら企画したショーで、とことんお客様に喜んで頂くことを追求しています。 ショールームはまるでカフェのよう、扉や工場、ひとつひとつに工夫や知恵が見られます。 顧客満足度No,1の秘密をご覧いただきます。

【満席御礼】募集を締め切りました

講師プロフィール

大久保 寛司(おおくぼ かんじ)
人と経営研究所 所長

1949年生まれ。1973年日本IBM に入社。業務改革推進本部を経て、CS(カスタマー・サティスファクション)部長に就任。顧客重視の社内の仕組み作りや、職員の意識改革を推進し、同社を顧客志向の会社に立て直した。2000年から独立して「人と経営研究所」を設立。人と経営のあるべき姿を探求。相手の立場に立ったわかりやすい説明により、企業その他、医療、自治体、教育関連からの講演依頼が殺到し、高い評価を得ている。

■著書
・考えてみる(文屋)/月曜日の朝からやる気になる働き方(かんき出版)
・人と企業の真の価値を高めるヒント(中央公論新社)
・こんな人と組織が生き残る―仕事楽しくしてますか?(中央公論新社)
・仕事の壁を破るヒント 自分が変わる「気づき」の60 話(PHP 研究所)
・経営の質を高める8つの基準―日本経営品質賞のねらい(かんき出版)
・自分が変われば組織も変わる(かんき出版)
・二十一世紀 残る経営、消える経営(中央公論新社)
・ビジネスマンがもう一度「父親」に戻るための91 のヒント(明日香出版社)


《注意事項》
・視察ツアーには宿泊費、ツアー中の移動費、1日目の懇親会費が含まれています。集合場所までの交通費、昼食代は含まれていませんので、各自でご用意ください。
・お申込み後、1週間以内のご入金をお願いしております。
・過度な勧誘、セクハラ、パワハラなど他の受講生からのクレームがあった場合、今後のセミナー参加はお断りしております。
・配布された資料や動画、写真などを第三者へ提供することは厳禁です。
・プログラムは進捗状況や都合により、変更される可能性があります。
・講座中に撮影された写真は、HPなどの弊社媒体に掲載されるされることがあります。
・キャンセルには下記キャンセル料を頂戴しております。予めご了承ください。

◯キャンセル料金制定◯
・ご入金後後のキャンセル 10%   ・開講日より2ヶ月前 20%
・開講日より1ヶ月前 50%      ・開講日より14日前 80%
・7日前〜開講日以降 100%