Close

2016年5月29日

ユネスコ無形文化遺産、和食

time-737377_640

こんばんは、安井麻代です。
今日は銀座でお寿司でした!(写真撮り忘れたのでイメージ写真)

平成25年にユネスコ無形文化遺産に和食が登録されたのは記憶に新しいところですが、日本酒の世界的ブームなど、世界的人気を誇る和食。

今日行ったお寿司屋さんも、半分くらいの方が外国人客でした。
写真やムービー撮って大盛り上がりしている姿を、微笑ましい気持ちで眺めていました。

私の知っているいくつかの銀座のお寿司屋さんは、国内だけではなく海外にも出店され大成功されています。

お寿司だけに限らず、美味しい一流のお店は国内外の出店問わず、大繁盛しています。

私自身、食が好きで前職の関係もあり、飲食に関しては相当関心が高い方だと思いますが、日本は本当に食のレベルが高いと思う。
海外で同じクオリティのものを食べようと思うと、倍のお金を払わないと食べれないことも多々あります。

特に東京は、世界のありとあらゆる美味しいものが食べれる!
移り変わりが激しく、新しいお店がバンバンできるので消費者にとっては選ぶ楽しみがありますが、経営者は大変だろうなぁとも思います。

食は日常の喜びや幸せに直結するし、一番身近なエンターテイメントです。
また、飲食業の面白さで言うと、ホンモノを出すお店は国境を超えて受け入れられる。

一日本人として日本人シェフの世界での活躍や、日本食が喜ばれるのは嬉しいことです。
ぜひ頑張ってもらいたいです(^^)

↓↓↓主催者養成講座の情報など、いち早くセミナー情報やお得なキャンペーン情報が届くメルマガ登録はこちらから↓↓↓