Close

2016年3月27日

【大久保寛司×網野麻理特別講演会】供給過多の現代において選ばれる企業になるヒント

チラシ表1

こんにちは!安井麻代です。

おもてなし。
この言葉を聞いてどんなイメージを持ちますか?

おもてなしの言葉は語源を遡ると、1000年以上を超えて書き記されているそうです。
サービスやホスピタリティとも言い換えられることがありますが、おもてなしの言葉には日本的なぬくもりが感じられます。

商品やサービスに溢れる供給過多の現代では、お客様が選ぶ選択基準は「好き・嫌い」「心地いい・心地良くない」「欲しい・欲しくない」と、より情緒的になりました。
だからこそお客様の心に寄り添う、おもてなしを経営に取り入れた企業が選ばれる時代になってきたとも言えます。
しかし、お客様個々が求めている需要は、お客様の数だけ異なりおもてなしに唯一無二の正解はありません。

ではそのおもてなしを経営に取り入れるには?

その答えを明らかにする、 講演会を開催することが決定しました。
今回『おもてなしと経営』というテーマでおもてなし企業選の選考委員、ファシリテーターも努めておられる大久保寛司さんとのコラボ講演会。

網野さんはクレジットカードのJCBで14年間VIPのコンシェルジュとして活躍され、現在はミス・ユニバースのファイナリストへ おもてなしの教育をされたり、企業にどうおもてなし経営を取り入れていくか、というような活動をされています。

今回はできるだけ多くの方にご参加いただきたく、今までと比べるとかなり参加しやすい価格に設定させていただきました。 この価格設定はもう2度とないかもしれません。

この講演会が人が輝くおもてなしの心あふれる企業を増やせる一助となるよう、企画させていただきました。ぜひ皆様お誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

2016.5.26講演会チラシダウンロードはこちらから

↓↓↓↓↓↓主催者養成講座スタートします!いち早くセミナー情報やお得なキャンペーン情報が届くメルマガ登録はこちらから↓↓↓↓↓↓